ものひょうか3

ものひょうか、第3弾!今回は、カタナ!

ロッキーでも愛用者が多い「カタナ」。僕も今、2足持っていて、コンペ用(チューンアップあり)、普段用とメインで使っています。

ミストラル、フラッシュ(日本未発売)を除くとスポルティバで唯一のベルクロシューズ。締める方向が違うテープは最初は違和感を感じるが、慣れると普通のタイプよりやりやすい(ような気がする)。

デザイン的に「ミウラーのベルクロ版」と思われがちだが、足入れもシャンクの硬さも違う。
足入れはターンインがなく、両サイドから拘束感がある。
シャンクはプラスティックみたいなのが入っているが、穿きこんでいくとグニャグニャになる(僕はそれが好き)。ミウラー程のエッジングは出来ないがミウラーよりスメアが出来る。

ヒールはもちろんベリーグッド!トゥフックは素材が滑るが、形状的には効かせやすいのでコーティングをすればかなり良くなると思う。そこは「小澤工房」に任せよう!

最後に、なぜ僕がこの靴を「コンペ靴」に選んだのかというと「特徴がない」ところ。
コンペ、特にボルダーコンペはどんな課題がでるか分からない。普段だったらトゥフック課題ならコブラに履き替えて、エッジング系ならミウラーにして…みたいなことが出来るが、コンペは出来ない。履いた後に課題のオブザベという状況もでてくるわけだ。つまりオールラウンドでなければならない。僕は「特徴がない」=「オールラウンド」と考えている(つい最近から…)。

サンドリンレベやジェロームメイヤーもコンペはカタナだし、小林由佳ちゃんも「特徴がない系」のモカシムをメインにしてるし。

みなさんもコンペ用にカタナを試してみたらどうでしょうか…。

d0069138_1192852.jpg
[評価](100点満点)
エッジング・80
スメアリング・80
トゥフック・60(コーティング次第では90)
ヒールフック・85
デザイン・60
快適性・50(個人的にはもう少しターンインしていたほうが足に合う)
耐久性・50

[成果](この靴での成績)
数々のハードルートトライ時のアップ
世界選手権(リード、ボルダー両方)使用予定
[PR]
by X-calibur | 2005-06-21 01:20
<< まっとのすきま げつようろっきい >>